季刊・家庭の薬膳 季節のすこやか食養生

芒種の頃の食養生

毎年6月6日頃からの半月程を「芒種(ぼうしゅ)」といいます。
稲や麦などの穂が出る植物の種を蒔く時期です。
6月後半の梅雨入りの前に、農作業を済ませておきます。
「芒(のぎ)」とは、稲の穂先の鱗片のことを指します。

この頃には、湿気が多く細菌の繁殖が気になり出します。
そんな時には毎日ニンニクを食べてみてください。
殺菌効果があり、繁殖しやすい細菌を撤退させてくれます。
湿度が高くて調子が良くなる人もいれば、高い湿度により皮膚から汗がうまく出せずに余分な湿気を体内に溜めてしまう体質もあります。
身体に湿度が溜まって浮腫んだり、湿疹が出たり、水疱瘡などが発生しやすくなったり、身体が重く感じだるさを感じたりします。
こんな時は、水を取り除いてくれる食材を選びましょう。例えばきゅうり、アスパラガス、メロンなどです。
いずれも水分を身体から排出させてむくみを取り除いてくれる働きがあります。
冷たいものを避けることで、胃腸痙攣、腹痛、下痢、お腹の張りなどの消化器系の不調を防ぐことができます。

この時期の過ごし方としては、ビタミンと水を多く摂り、お酒と油は控えめに、辛辣なものを適量摂り入れて巡りをよくして、消化を助けることがおすめです。
油やお酒は、体に害のある「痰」となってしまうので、避けましょう。

この時期に収穫を迎える梅は、これから気温が高くなった時の暑気あたりに効果があります。
季節の梅仕事を取り入れてみてはいかがでしょうか。



このページの内容は、中国の昔からの民間療法や、年配の方から伝え聞いた話を基に構成しています。
病気やその他の疾患に、必ず効果があることを保証する訳ではないことをご了承下さい。

05.Jan.2024