薬膳料理教室の料理と授業風景

2019年9月

  • 今月の薬膳料理教室のテーマ
  • 2019年9月の薬膳料理教室のテーマは「残暑の疲れをケアし、スムーズに秋を迎える料理」でした。
    厳しい暑さが過ぎても、夏の疲労は体内に蓄積されています。
    また残った余熱に加えて、真夏の強い紫外線で 粘膜や皮膚が乾燥して弱りがちな季節でもあります。
    夏から秋の食材に切り替えながら 秋が深まる前に体に潤いを与える料理をご紹介いたしました。


  • 今月の薬膳料理教室で使った食材
  • 蓮根、梨、ニンニク、椎茸、豆苗、生姜、葱、茄子
    南瓜、莢隠元、胡瓜、しし唐、大根、香菜、菊、オクラ
    苦瓜、タテ、葡萄、ディル、アボガド、蕪、長芋、玉葱
    セロリ、ラディッシュ、ベビーリーフ、人参、じゃが芋
    カイワレ、クレソン、マッシュルーム、小豆、小麦粉
    らっきょう、クコのみ、ツナ、白木耳、豆腐、慈姑、豚肉
    鶏肉、芹、西洋人参、夏蜜柑、杏仁、ココナッツ、蜂蜜
    葛、寒天


  • <白木耳と鶏肉団子のスープ(実習品)>

  • <白の野菜の胡麻油和え>

  • <手羽中と秋野菜の揚げ物
    黒酢ダレ漬け(実習品)>

  • <ナンプラー風味の揚げ豚 焼き麺にのせて>

  • <アボガドのクリーム焼き>

  • <苦瓜のツナ和え>

  • <じゃが芋と人参の酢和え>

  • <夏蜜柑味噌と葡萄の厚揚げ豆腐>

  • <チャーシューのクレープ>

  • <教室風景>

  • <菊と大根の甘酢漬け>

  • <杏仁餅>

  • <ココナッツクリームの麦茶ゼリー>

  • <水饅頭>


  • 15.Sep.2019
    >代々木公園教室TOP