薬膳料理教室の料理と授業風景

2018年9月

  • 今月の薬膳料理教室のテーマ
  • 2018年9月の薬膳料理教室のテーマは「残暑の疲れをケアし、 スムーズに秋を迎える料理」でした。
    厳しい暑さが過ぎても、夏の疲労は体内に蓄積されています。
    また体内に残った余熱に加えて、真夏の強い紫外線で 粘膜や皮膚が乾燥して弱りがちな季節でもあります。
    夏から秋の食材に切り替えながら、秋が深まる前に体に潤いを与える料理をご紹介いたしました。


  • 今月の薬膳料理教室で使った食材
  • 生姜、葱、玉葱、菊花、韮、ニンニク、香菜、チャービル
    大根、ルッコラ、山査子、大葉、長芋、胡瓜、人参、オクラ
    里芋、梨、蓮根、蕪、パプリカ、ブロッコリー、貝割れ
    南瓜、つる紫、小松菜、カボス、じゃが芋、豆腐、棗、落花生
    アーモンド、胡桃、松の実、小麦、慈姑、ハト麦、蓬、葛
    コーン、白木耳、木耳、らっきょう、粟、豚肉、鶏肉、卵
    西洋人参、モロヘイヤ、葡萄、セージ、カシューナッツ

  • <焼き茄子入りの粟粥>

  • <揚げパンの一口前菜>

  • <花椒風味の胡瓜と長芋の前菜>

  • <夏蜜柑味噌の厚揚げ前菜>

  • <白木耳の大根巻き>

  • <梨入り里芋コロッケ>

  • <黒酢風味の茄子サンド(実習品)>

  • <蒸し鶏 葱ソース添え>

  • <豆腐と豚肉の重ね蒸し(実習品)>

  • <蒸し鶏の冷や麦>

  • <山査子ジュース>
  • <梅酒のくず麺>

  • <白と黄色 六種の甘酢漬け>

  • <上:ナッツと抹茶の揚げ餃子>
    <下:教室風景>


  • 15.Sep.2018
    >代々木公園教室TOP