薬膳料理教室の料理と授業風景

2016年2月

  • 今月の薬膳料理教室のテーマ
  • 2月の薬膳料理教室は「真冬の肌を潤すための料理」をがテーマでした。
    1年で最も寒さの厳しい季節です。
    こんな気候の時には、肌だけではなく血管も柔らかさを失い不調が出やすくなります。
    潤いを保つコラーゲンなどのたんぱく質や、適度な脂質をはじめ、血液の流れをよくして血管の柔軟性を高める食材を使います。
    また、近づきつつある春は肝臓のはたらきが活発になる季節です。
    春に向けて、肝機能を高める肉類や乳製品などタンパク質を豊富に含む食材や、解毒作用を助ける春野菜なども食卓に並べました。


  • 今月の薬膳料理教室で使った食材
  • ター菜、香菜、ニンニク、生姜、長葱、小菊、大葉、貝割れ
    小松菜、ほうれん草、アボガド、南瓜、大根、トレビス
    クレソン、セリ、人参、さつま芋、長芋、セロリ、リンゴ
    百合根、ディル、チャービル、白菜、芽キャベツ、玉葱、韮
    蕪、豆腐、小麦粉、アーモンド、胡桃、ピータン、はと麦
    らっきょう、黒木耳、金針菜、ナツメ、ミルク、バター
    蜂蜜、桑、粟、大麦、黒豆、豚肉、鶏肉、牛肉、シラス
    金柑、もち米、小豆、たて、夏蜜柑、落花生、松の実、ココア

  • <シラスと大根の葱油和え>

  • <豚耳の黒酢和え>

  • <ピータン豆腐>

  • <白菜と玉葱の甘酢漬け>

  • <揚げパンの前菜>

  • <青菜の豚肉甘辛炒めのせ>

  • <芋類と百合根、セロリのビネガー炒め>

  • <大麦と粟のお粥>

  • <鶏手羽と慈姑の薬味炒め(実習品)>

  • <ナッツ餡の揚げ餃子>

  • <ター菜と棗のクリーム煮(実習品)>

  • <金針菜と干し豆腐のナムル&芽キャベツと黒木耳 夏蜜柑味噌と胡麻味噌添え>

  • <牛肉と大根の水餃子>

  • <実習風景>

  • <棗ソースの豆乳プリン>

  • <花椒のチョコレート>

  • <教室風景>
  •  


  • 15.Feb.2016
    >代々木公園教室TOP