薬膳料理教室の料理と授業風景

2014年2月

  • 今月の薬膳料理教室のテーマ
  • 2月薬膳料理教室のテーマは「真冬の肌を潤すための料理」でした。
    1年で最も寒く乾燥の厳しいこの時期、お手入れをしても肌はカサカサになってしまいます。
    実は厳冬の今、肌だけではなく、血管も弾力を失ってしまうのです。
    そこで今回は、肌や血管の弾力をとりもどすコラーゲンなどのタンパク質が豊富な手羽先や豚耳、血流をよくし血管を強くする青魚や紫蘇、韃靼そばなどを使った料理をご紹介しました。
    また、立春の北京では必ずいただく春の一品の「春餅(チュンピン)」もお楽しみいただきました。


  • 今月の薬膳料理教室で使った食材
  • 豆腐、卵、白菜、青梗菜、水菜、大豆モヤシ、本葛、豚耳、生姜
    菊の花、クコの実、チコリ、香菜、長葱、はと麦、長芋、セロリ
    チャベル、ゴボウ、クレソン、鶏肉、豚肉、キャベツ、椎茸
    木耳、韮、蕪、カイワレ、人参、粟、糯米、豆乳、枝豆
    ココア、抹茶、ナツメ、黒胡麻、黒豆、大根、干しエビ、慈姑
    セリ、三つ葉、、蜜柑の皮、金柑、玉葱、蜂蜜、ほうれん草
    大葉、鯵、鯖、松の実、クルミ、韃靼蕎麦

  • <かぶと菊花の甘酢漬け>

  • <長芋とセロリのごま油ソースかけ>

  • <ピータン豆腐>

  • <焼玉ねぎの金柑味噌添え>

  • <慈姑入り肉団子と大根の蒸し物(実習品)>

  • <豚耳の黒酢和え>

  • <にんにく風味の鶏手羽先揚げ炒め>

  • <五色野菜炒めと春餅>

  • <青菜と卵のスープ>

  • <花椒風味のごぼうの素揚げ>

  • <教室風景>

  • <実習風景>

  • <青魚の紫蘇風味酢和え(実習品)>

  • <粟粥、枝豆クリームの豆乳プリン、きなこのホワイトチョコ>


  • 15.Feb.2014
    >代々木公園教室TOP