うまいもん放浪記 特別企画 第19弾 ~ パンちゃんの愛知・静岡への旅


特別企画第19弾は、パン・ウェイの静岡への旅レポートをご紹介します。
久しぶりのオフの日に、愛知~静岡へと旅立ちました。
旅の目的は、大好きな史跡めぐりと、もちろんおいしいものを探すこと!です。



しばらく慌しい日々が続いていましたが、5月の末、久しぶりの休みに愛知~静岡を訪ねてまいりました。
サービスエリアからこの地方ならではの美しい茶畑を眺めていると、今回も楽しい旅になりそうな予感がします。
まず最初に向かったのは、長篠の古戦場跡。
武田軍が、織田・徳川軍の鉄砲隊に大敗した戦としても有名です。
当時の陣地の柵が復元されていました。


解禁されたばかりの、今年の初鮎をいただきます。
まだ小ぶりでしたが、天然ものの鮎のさわやかな味と香りを堪能します。
そして、わたしの大好きな山菜の、いろいろな種類のものを楽しく食べ比べました。


昼食の後、まだまだ史跡めぐりは続きます。
こちらの山城は、静岡の天竜川沿いの上流にある高根城です。
武田軍が敗れた後に廃城されましたが、平成に入り当時の姿に復元されました。
日付が変わって次の日も、大河ドラマでも有名な山内一豊も在城していた掛川城を訪れました。
こちらも平成6年に天守閣が復元され、その美しい姿を私たちに見せてくれます。


この日の昼食ははじめての「静岡おでん」を体験しました。
定番のからしの他に、青のりや味噌をお好みでつけて食べるのが特徴です
濃口醤油を使っているので色は黒いですが、あっさりしてまろやかな味わいです。
右は一緒にいただいたとろろご飯。
長いもの素材本来の味と香りを味わうことができました。


さて、今回の旅では、絶品料理の数々を堪能できるお店に出会いました。
それが浜松にある「貴田乃瀬(きたのせ)」です。

ご主人が納得された厳選の食材のみを使用し、魚も全国から選りすぐりのものを集めておられます。
上中の極上のしめさばをいただけば、そのこだわりにも深く納得します。
右は鴨骨スープに漬け込んだ鴨ロースのジューシーなあぶり焼き。
どれも手間隙かけて作られ、その完成度の高さには驚くばかりです。



上左はニラを使ったソースをかけた蛍いかの天ぷら。
右は、牛ひき肉をつめたペンネのトマトソース。
なんとも手の込んだこのパスタ、イタリア料理屋のものに全くひけをとりません。
日本料理が専門のご主人ですが、その枠におさまらない才能と心意気を感じます。
また、こちらでは日本各地から取り寄せた日本各地のお酒も一緒に楽しめます。
また静岡に来る機会があれば、必ず再訪しようと思う店に出会えました。
楽しい休日はあっという間に終わってしまいましたが、大好きな史跡めぐりと絶品料理に出会え、心身ともにリフレッシュできた素晴らしい旅でした。


「貴田乃瀬(きたのせ)」
静岡県浜松市中区田町231-1
TEL: 053-455-2832

15.Jun.2011