うまいもん放浪記 特別企画 第2弾 ~ 北京・上海食べ歩き日記

香港食べ歩き日記」に続き、今回第2弾は北京・上海から、パンちゃんがたっぷりとお伝えします。
きっとみなさんも旅行に出かけたくなりますよ!



(左)北京で真夜中に夜食をとったお店。
(中)内臓の炒め物
(右)野菜の炒め物(四角豆)


(左)朝の北京空港内売店のフルーツ売り場。
(中)上海市内風景。洗濯物がはためいています。
(右)上海名物「生焦包 sheng jian bao」。


(左)こちらも揚州名物の「鶏湯干絲」。
(中)朝の公園の散歩のときに出会った風景。太極拳だけではなく釣りをする人も。
(右)上海の近くにある「周庄」という観光地でのお昼。


(左)周庄にて。昔のお金持ちの人の台所を展示していました。
(中)店頭に骨付きの豚の足の醤油煮。
(右)街の団子屋さん。


(左)野菜市場。
(中)様々な種類のものを売る豆腐屋さん。
(右)上海市内の百貨店ショーウィンドウ。


(左)「緑波廊」でのお昼。
(中)豫園の中のSTARBUCKS。中国的な意匠をこらして素敵な雰囲気。
(右)親戚と一緒に食べた夕食。


(左)公園で朝から麻雀の戦い。
(中)ふらりと入った店での朝食。かに味噌入りのそば、実においしかったです。
(右)上海料理店でのお昼。野菜と干豆腐の炒め物、百合根とセロリの炒め物、豆苗炒め。


(左)上海名物の「葱油拌麺(和え麺)」。
(中)江南地方の名物「酒醸団子」(甘酒と団子)。
(右)上海から北京に戻る列車内の出前料理。牛肉の醤油煮、四川風肉と野菜炒め、ピータン、野菜炒め。


(左)朝食も列車で。ワンタンと肉野菜そば。
(中)北京の家族とのお昼。
(右)私の大好物の四川風唐辛子の煮魚。


(左)夕食は「重慶火鍋」。お皿に入っている赤いものは揚げ唐辛子です。
(中)重慶火鍋を囲む食卓全景。
(右)火鍋に入れる野菜と平たくて太い春雨。


(左)という若者がよく行く三里屯という場所。バーがたくさんある通りにある「Lily」でみんなで食後のお茶とお酒。
(中)近所にある店で朝食.。「豆腐脳(dou fu nao)」おぼろ豆腐のような食感です。
(右)ワンタンを作ってくれた若い女性。

20.Jun.2002