うまいもん放浪記 vol.32 秋田県能代市「酒どこ べらぼう」

今回ご紹介するのは、秋田県能代市にある「酒どこ べらぼう」をご紹介します。
秋田の旬の郷土料理が楽しめる地元の名居酒屋です。

人柄の良い大将や店員さんとの会話も楽しいお店でした。
秋田産を中心に銘酒も揃っていますので、日本酒を嗜まれる方にもおススメです。
ご存知の通り、能代はバスケットボールの街。
大将はじめ、お客様の多くが高身長なことにもびっくり。
初めて訪れた気がしない楽しいひと時を過ごしました。


お通しで頂いたミズという山菜の味噌和え。
丁度良い味付けに箸が勧め、これから頂く料理が楽しみになりました。


味付けのバランスが素晴らしい肉豆腐。
いつ食べてもホッとする味です。


秋田の魚といえばハタハタ。
麹と米で漬けたハタハタ寿司。
さっぱりと漬けられ、身の弾力感も楽しめます。


鯖の脂とお酢の具合がぴったり合った〆鯖。
とろろ昆布をのせるのに驚き。
一緒に食べると鯖の旨味を引き出していました。


「くじらのかやき」という鯨の皮を使った郷土料理。
鯨の脂が沁みる懐かしい味です。

店舗情報


「酒どこ べらぼう」
秋田県能代市柳町2-39
電話番号:0185-54-4066
お店のウェブサイトはこちら

うまいもん放浪記トップページへ

01.Nov.2018