うまいもん放浪記 vol.28 大分県佐伯市「漁村女性グループめばる」


「漁村女性グループめばる」は、大分県佐伯市の漁師町である鶴見の漁師の妻たち数名で運営されており、この地の名物「ごまだし」を販売されています。
ごまだしとは、焼き魚の身を細かくほぐして、胡麻や醤油などの調味料と合わせたもので、うどんや冷や奴にそのままかけていただきます。
ごまだしに使う魚は、鯛やアジ、エソなど様々な種類がありますが、いずれもその日に獲れたばかりの新鮮な魚を使って作ります。

こちらの「漁村女性グループめばる」は、パン・ウェイの生徒様とそのお母様が代表を務められています。
先日、都内で期間限定で出店されたので会いに行きました。
写真はその時のもの。

通常は下記リンク先でネット販売をされています。
暑い夏にうどんを食べたくなったら、是非一度試してみて下さい。

店舗情報


「漁村女性グループめばる」
お店の通販サイトは こちら
お店のfacebookは こちら
* * *
農林水産省のページでも取り上げられました
無印良品での販売もスタートしました

うまいもん放浪記トップページへ

01.Jul.2015